雑記帳


原型師zenkoの戯言
by zenko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

本年

本年は大変お世話になりました。
年末イベントのバタバタでちょっと間が空いてしまいましたが2017年もまた好き勝手に綴っていきたいと思います。
では皆様よいお年を・・

[PR]
by iousen | 2016-12-31 15:26 | Comments(2)

TF、HR参加終了

トレジャーフェスタ、ホビーラウンド、当卓にお越しくださいました皆様大変ありがとうございました。

今回同時参加にあたってそれなりに新鮮味のあるアイテムを振り分けたつもりだったが
結果は微妙なものだった・・終日ガレキエリア周辺の雰囲気を目の当たりにして
なにか個人レベルではどうしようもない壁に当たってしまった感がある。
走って(はいけないが)10秒の距離である。
一般のお客さん目線では隣だからついでに見ていこうという単純なものではないようだ。
なにがディーラー参加と集客にブレーキをかけているのか?
それぞれのイベントに特色があり良さがある。
これ以上版権イベントは減ってほしくないし、なんとか共存を図ってもらいたいところだ。

[PR]
by iousen | 2016-12-22 19:22 | 造形 | Comments(0)

てん

虹の橋をわたってもう10ヶ月。
f0335872_21033624.jpg
作業部屋がしんどくなるといつも1階に降りてお前にパワーもらってたっけ。
今でも思い出してはダメになってしまうけど・・なんとか頑張っているよ。
f0335872_21174979.jpg
まぶたを閉じればいつでも逢える。

[PR]
by iousen | 2016-12-07 21:36 | | Comments(2)

卓番と・・

12/18の参加イベント卓番号です。
ホビーラウンド:C-04
トレジャーフェスタ:A-カ-01,02


俗称C5。
f0335872_11445053.jpg
整備悪戦苦闘の記録は一旦置いておいて・・現在なんとか仕上がりに近づいている。
コルベットを知ったのは小学生のころ、亡き親父に買ってもらった童友社のシボレーコルベットスティングレイ(1/12スケール)のプラモデル。通称C3モデルだ。とにかくデカかった。
そしてアメリカンV8を意識したのは当時映画MADMAXで登場したインターセプター。
夕日の中を窓全開で疾走しながら車内に回りこむあのカン高い音だ。
こいつ(サンゴウマル)とは多分エンジンも違うだろうし、別途サンプリングした音源かもしれない。
アメリカンV8もこの年式でさえ制御は電子化され、荒々しさは徐々に失われつつある。
しかし何々全然・・一度アクセルを踏み込めば紛れも無くあの「音」が蘇ってくる。
映画でしか聴けなかったサウンド。心地よい音と振動に全身を包まれ軽い眩暈に襲われる。
缶詰仕事のストレスが剥がれてすっ飛んでいく。。





[PR]
by iousen | 2016-12-06 20:55 | 造形 | Comments(0)

許諾報告・・そして術後服

トレジャーフェスタで申請していた新作”ダージリン”無事許諾頂けた。
版元様ありがとうございます!

まやちゃんその後・・
生まれて初めてのエリザベスカラーに大パニック!
猛ダッシュで物に引っ掛けてはでんぐり返り安静どころの騒ぎではない。
予想はしていたが・・。

そこでこれだ。
f0335872_12040678.jpg
要らなくなった肌着で急きょ作った術後服。
妻と笑いを堪えながら着せた。
本人はまことに具合がよろしいようでホット一安心^^

[PR]
by iousen | 2016-12-03 12:12 | 造形 | Comments(0)

まやちゃん登場

ブログでは初登場のまやちゃん♀。
今回も保護猫を引き取る形で新家族に仲間入り。
写真は来たばかりで生後2ヶ月。小指で摘める大きさだ。
f0335872_16032714.jpg
保護猫に限らずだが、特に引き取ってからの健康チェックは絶対欠かせない事項の一つだ。
今回はお腹にしつこい菌と虫類が発見されてしまい駆除にかなりの期間を要した。
数週間付きっ切りでハードな治療をだったが甲斐あって無事駆逐完了。
一般的な「子猫」という小さな体でいる貴重な期間のほとんどをケージで過ごさせることになってしまったのは残念だったが仕方ない。
先住のまきちゃんへの感染抑止対策であった。

そして6ヶ月を待って避妊手術を受けてきた。
f0335872_16051401.jpg
縫合口を舐めないためのエリザベスカラー。
麻酔の影響で目の周りがぐしゃぐしゃしている。猫は全身麻酔でまぶたが開きっぱなしになってしまうので乾燥によるダメージを防ぐ意味でゼリー状の目薬で眼球を保護するのだそうだ。
気管挿管で一時的に喉にダメージがあったか?鳴き声が少し変だ。
疲れた姿を見るとかわいそうになってしまった。
ついまた人間のエゴで余計なことをしてしまったのではと自責の念に駆られそうになる。
先々の疾病発生リスクを考えればこの子のためかと無理矢理自分を納得させる。

うちに来てくれてありがとうまやちゃん。
全力でお前を守るよ!



[PR]
by iousen | 2016-12-01 16:25 | | Comments(0)

外部リンク

メモ帳

硫黄泉(ホームページです)

twitter

タグ

(17)
(6)
(3)
(2)

検索

最新の記事

機関偏
at 2017-01-23 17:00
本年
at 2016-12-31 15:26
TF、HR参加終了
at 2016-12-22 19:22
てん
at 2016-12-07 21:36
卓番と・・
at 2016-12-06 20:55

画像一覧