雑記帳


原型師zenkoの戯言
by zenko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:コルベット ( 6 ) タグの人気記事

ジャッキアップとて

気軽にささっととは行かないのである。
ジャッキアップポイントは国産に多く見られるタイプと大分違う。
ジャッキアップひとつとっても専用治具がいる。
FRPのサイドシルが下に張り出しているので、不用意に2柱や4柱リフトで上げると割ってしまうのだ。
取り寄せも面倒だし高いのでMCナイロン仕入れて自作。(青いやつ)
調子に乗って4個も作ったよ。旋盤大活躍。(^^;
ほんとは落ちてこないよう横にピンがあるんだけど省略。
これを指定の穴にはめてリフトアップ。
それにしても頼りないジャッキだ。ちなみにローダウン用でないと全然入りません。(^^;
f0335872_14421458.jpg



[PR]
by iousen | 2017-05-27 14:52 | | Comments(0)

機関偏

年末年始のバタバタに紛れて停滞しましたが懲りずに独り言。

ある日用事を済ませて車庫に戻り車から降りると車体前部から甘~い匂いが。
そして前輪の下には液体がみるみると。
クーラント噴いてる・・参ったな~・・

ボンネット開けて探ってみるとどうやらサージタンク付近が怪しい。
タンクキャップでは無いようだ。
この車種のものはサージタンクにも圧がかかるしくみ。よってラジエターキャップというのは存在しない。
かわりにサージタンクのキャップが余圧を開放する。
取り外して圧を掛けてみるとタンク裏からジュワーっと噴出しビンゴ。

樹脂製のタンクはかなり劣化が進んでおりまるで水飴細工のようだった。
よく破裂しないで走っていたものだ。
早速国内パーツを当たってみたがどこも在庫無し。
やむを得ず米国から取り寄せ。送料が痛い。
開封してみると表面に縦に走る傷が・・どうみてもカッターの開封傷だ。
「税関だな」またやられたよ。忙しいのはわかるがホント勘弁してほしい。

幸い機能には支障ないレベルだったのでそのまま使うけど・・
気を取り直して取り付け。

↓上から見るとよくわからないのだが
f0335872_16354367.jpg
↓裏返すとこのとおり。
f0335872_16355296.jpg
色はもとより細かい亀裂が全体一面に走っている。
構造上、底面の目視はなかなか厳しいので劣化具合はわかりにくい。

このあと取り付け後、試走でレベルセンサーの警告がで続け悩まされたが
単純なクーラント不足と判明。よく見たらタンク横のラインは下限を示すものだった
というオチ。(笑)
とりあえずサージタンクは新品になった。





[PR]
by iousen | 2017-01-23 17:00 | コルベット | Comments(0)

卓番と・・

12/18の参加イベント卓番号です。
ホビーラウンド:C-04
トレジャーフェスタ:A-カ-01,02


俗称C5。
f0335872_11445053.jpg
整備悪戦苦闘の記録は一旦置いておいて・・現在なんとか仕上がりに近づいている。
コルベットを知ったのは小学生のころ、亡き親父に買ってもらった童友社のシボレーコルベットスティングレイ(1/12スケール)のプラモデル。通称C3モデルだ。とにかくデカかった。
そしてアメリカンV8を意識したのは当時映画MADMAXで登場したインターセプター。
夕日の中を窓全開で疾走しながら車内に回りこむあのカン高い音だ。
こいつ(サンゴウマル)とは多分エンジンも違うだろうし、別途サンプリングした音源かもしれない。
アメリカンV8もこの年式でさえ制御は電子化され、荒々しさは徐々に失われつつある。
しかし何々全然・・一度アクセルを踏み込めば紛れも無くあの「音」が蘇ってくる。
映画でしか聴けなかったサウンド。心地よい音と振動に全身を包まれ軽い眩暈に襲われる。
缶詰仕事のストレスが剥がれてすっ飛んでいく。。





[PR]
by iousen | 2016-12-06 20:55 | 造形 | Comments(0)

というわけで

交換完了。
f0335872_19320692.jpg
ディスクのパッドが当たらない内周付近は派手に錆びる。
折角なので汚れていないうちに耐熱のシルバーで塗っておいた。ありがたき先人の知恵。
効きに関してはなんとも・・。サーキット走行するわけではないしね・・普通に止まれれば良しとする。
最初少し鳴いたがすぐ収まった。振れ、振動などは無くきれいにパッドが当たっているようだ。
カッパーグリスの量はつい塗りすぎてしまうのだが今回は適量にとどめた。

順序が前後してしまったが次は問題のエンジン周りだ。
まさにギリギリの状態でやって来たことを思い知らされることになる。(^^;


[PR]
by iousen | 2016-11-29 19:54 | コルベット | Comments(0)

続・ディスクローター交換

フロントはまぁいい。
f0335872_21212498.jpg
問題はリアだ。↓
ディスク交換と同時にparkingブレーキの調整をしなきゃならないのだが
裏のどこを探してもアジャスター調整用の窓が見当たらない。。
これじゃいちいちディスク着脱しながら隙間調整だ。ありえん!
というか見事に斜めにハマって抜けなくなるし。
プラハン片手に悪戦苦闘30分(^^;
ここの遊び、結構調整シビアなんですヨ!
多くの国産ならクリック用に四角い窓が開いてるはずなんだが・・。
f0335872_21291362.jpg


ちなみにBODY底はまっ平ら。
f0335872_21351813.jpg





[PR]
by iousen | 2016-11-28 21:37 | | Comments(0)

仕事以外のことも

いかんいかん、放置注意。(^^;
自分は頭の中をリセットしたい時によく工具抱えてガレージに飛び込んでしまう。
撮り溜めた写真ゆえ順番前後しますが少しずつ載せていこうと思います。
まずは車のディスクローターをDIY交換。
ディスクはドリルドをイリノイ州のショップから個人輸入したもの。
なんかパッド早く減りそうだなぁ・・
おもむろに姿を見せるダブルウィッシュボーンについニヤッとしてしまう。^^
f0335872_12054115.jpg



[PR]
by iousen | 2016-11-24 12:06 | | Comments(0)

外部リンク

メモ帳

硫黄泉(ホームページです)

twitter

タグ

(17)
(6)
(6)

検索

最新の記事

ジャッキアップとて
at 2017-05-27 14:52
あわわ
at 2017-05-24 20:15
機関偏
at 2017-01-23 17:00
本年
at 2016-12-31 15:26
TF、HR参加終了
at 2016-12-22 19:22

画像一覧